メニュー

めぶきフィナンシャルグループは、地域に密着した総合金融グループとして地域の持続的な経済成長を目指し、総合金融サービスの拡充と広域ネットワークを活用した「経済」への取り組みを行っています。
主要地盤の産業特性を踏まえた幅広い支援施策を協働展開するとともに、グループの創意結集のもと、地域創生・地域経済活性化に貢献してまいります。

地域産業の掘り起こしと新事業創造支援

ビジネスプランコンテストを通じた地域産業の発掘

地域に新産業・新事業を生み出し、地域経済の活性化に繋げていくため、地域の革新的・創造的な事業プランを募集・表彰する「めぶきビジネスアワード」を継続的に開催しています。
受賞プランの事業化ヘ向けて技術提案や販路拡大支援、ファンドを活用した金融面での支援などさまざまなサポートを実施しています。

応募プラン数 受賞プラン数
第2回(2018年) 637 30
第1回(2017年) 646 28

地域創生ファンド

2016年11月、地方創生に向けた取り組みの一環として、損害保険ジャパン日本興亜株式会社との共同出資により、「めぶき地域創生ファンド」を組成しました。本ファンドを通じて、「食・農・観光」分野のほか、地域の発展に資する事業、ビジネスアワード受賞先などに対し、新事業創出・事業拡大支援を行っています。(常陽銀行・足利銀行)

件数 投資額
2017年度 6件 13.5億円
2016年度 2件 3億円

新たな市場開拓・経済交流の拡大

ものづくり企業支援

当社グループの広域ネットワークを生かし、農業、食、ものづくり関連の各種商談会「めぶきFGものづくり企業フォーラム」を両行共同で開催し、お取引先同士のビジネスマッチング等を支援しています。

「めぶきFGものづくり企業フォーラム」の概要

実施年 来場者数 商談件数
2018年2月 2,200名 480件
2017年2月 2,000名 390件

アグリビジネス支援

食関連事業者の販路拡大を目的として「めぶき 食の商談会」や、全国の地方銀行と連携した「地方銀行フードセレクション」を継続的に開催しています。(常陽銀行・足利銀行)

食の商談会

事業承継支援

経営者の高齢化が進み、事業承継に課題を有する企業が多くなってきています。当社グループでは、両行の本部と営業店、外部の専門機関等が連携し、円滑な事業・資産承継等ができるようお客さまとともに考え、課題解決へ向けさまざまな支援を行っています。(常陽銀行・足利銀行)

年度 事業承継・M&A提案先数
2017年 3,766
2016年 3,142

※2行合算

人材不足解消への取り組み

事業性評価にもとづくお客さまとのディスカッションの中で、経営課題解決に必要な人材ニーズを発掘し、茨城県プロフェッショナル人材戦略拠点を通じて、最適なプロフェッショナル人材をご紹介しています。(常陽銀行)

概要図

本件を活用した企業の採用実績

年度 採用企業 採用者数
2017年 19社 25名

地域の持続的成長を支える取り組み

古民家再生支援

市町村、異業種企業と連携し、伝統的な町並み等の地域資源を活用した地域振興や古民家の利活用を通じた民泊・農泊事業に取り組んでいます。銀行、市町村、異業種それぞれの得意分野を生かした支援を行い、地域の方とともに、交流人口の増加や地域の活性化につなげていきます。(常陽銀行)

那須塩原市との地方創生推進連絡会議

企業誘致、産業振興、観光振興、定住促進などの連携事業を着実に実行していくため、自治体のトップや当行の担当役員ほか実務担当者などが出席し、連携項目の進捗確認や課題解決に向け意見交換を行う「地方創生連携那須塩原市との地方創生推進連絡会議 事業報告会」を実施しています。(足利銀行)

ESGへの対応

活動報告(CSR/ESG)