メニュー

印刷する

フィデューシャリー・デューティーに関する基本方針

【基本方針】

「お客さまの安定的な資産形成の実現を目指して、常にお客さま本位で考え行動します。」

「フィデューシャリー・デューティーに関する基本方針」の策定・公表

  • めぶきフィナンシャルグループは、お客さま本位の取組みの徹底を図るため「フィデューシャリー・デューティーに関する基本方針(以下、「本方針」という。)を策定・公表します。
  • 本方針に基づき、グループ各社がお客さま本位の姿勢を共有し、商品・サービスのさらなる向上に取り組み、その取組状況を定期的に公表します。また、その取組みをモニタリングするとともに、よりお客さま本位の業務運営を実現させるため本方針を定期的に見直します。
  • 研修等の施策を通じて、全役職員がお客さま本位の姿勢を共有し、お客さまの最善の利益を図ることを実践する企業文化を定着させてまいります。
  • 当社グループ各社における商品・サービスの提供に伴い、お客さまの利益が不当に損なわれることがないよう、お客さま本位の情報提供と販売態勢の整備に取り組んでまいります。

1. お客さまニーズを踏まえた商品ラインナップの整備

  • (1)
    多様化するお客さまニーズにお応えするための商品提供体制の充実
  • (2)
    さまざまな投資運用会社・保険会社・発行会社等からお客さまの安定的な資産形成に資する商品選定

2. お客さま本位の情報提供とコンサルティングの実践

  • (1)
    お客さまの知識や投資経験、財産の状況、投資目的等に照らした適切な商品提案
  • (2)
    商品の特性やリスク、手数料、および経済環境や市場動向等について、提供する情報の質の充実
  • (3)
    重要な情報をわかりやすく提供するための適切な説明資料によるお客さまの理解度に応じた丁寧な説明
  • (4)
    運用状況や市場環境を踏まえたタイムリーな情報提供と丁寧なアフターフォロー
  • (5)
    手数料の透明性向上に向けた取組み
  • (6)
    お客さまのライフサイクルや多様化するニーズにお応えするため、グループ総合力を最大限に活用したコンサルティング

3. お客さま本位の販売態勢の整備

  • (1)
    お客さまとの接点となる多様なチャネルの整備・拡充によるお客さまの利便性向上
  • (2)
    お客さま本位の取組みに適した業績評価体系の整備
  • (3)
    多様化・高度化するお客さまニーズにお応えするためのプロフェッショナルな人材育成
  • (4)
    お客さま本位の業務運営態勢の確保に向けたガバナンス体制の整備

平成28年10月28日制定
平成29年6月30日改定