メニュー

環境

めぶきフィナンシャルグループは、地域に密着した総合金融グループとして自然環境の健全な維持を目指し、ゆたかで美しい「環境」を未来につなげる取り組みを行っています。
美しい自然を未来に残すため、緑化・環境関連事業を支援するとともに、環境配慮型商品の提供、環境に配慮した店舗づくり、森林保全基金への寄付、従業員による森林植樹や整備活動などを行っています。

環境の取り組みについて

森林保全活動への取り組み常陽銀行

ふるさとの美しく健全な森を次世代に引き継ぐため、全国の地方銀行が設立した「日本の森を守る地方銀行有志の会」に参加しています。那珂市および筑波山の「常陽ふるさとの森」において、間伐や植樹活動などを実施し、ふるさとの緑を守り育てる森づくりに取り組んでいます。

公益信託「エコーいばらき」環境保全基金常陽銀行

茨城県内で環境保全に取り組む団体などに対して助成を行っています。
公益信託「エコーいばらき」は、平成4年、当行と損害保険ジャパン日本興亜株式会社により共同で設立しました。以降、毎年助成希望者を募集し、運営委員会による審議・選定を経て助成しています。

「足尾の山」植樹活動足利銀行

NPO法人「足尾に緑を育てる会」の協力のもと、新入行員と栃木県産業協議会会員企業の新入社員で、足尾の山にヤマボウシやハナミズキなどの苗木の植樹を行っています。
煙害で荒廃した足尾の山への緑化活動を通じて、渡良瀬川流域に土壌汚染を招いた歴史から水循環系の仕組みを学ぶとともに、自然環境の健全化と環境保全への取り組みなど、若い世代に向けた環境教育の機会を実施しています。

「あしぎんの森」づくり足利銀行

平成24年度より、職員とその家族を中心とした植樹活動「あしぎんの森」づくりに取り組んでいます。地域の皆さまに四季折々の自然の美しさを感じていただける森を目指して、歩道整備や下草刈りなどの整備活動も行っています。